日本HPが販売するHP Spectre x360 14-efを発売前にメーカーからレンタルできたので使い勝手やベンチマーク結果を掲載。

スペック

HP Spectre x360 14-ef
モニター
  • 13.5型(3000×2000ドット)
CPU
  • Core i7 1255U
iGPU
  • Intel Xe Graphics
メモリ
  • 16GB
SSD
  • 1TB
サイズ(幅×奥行×厚さ)
バッテリー最大約11時間
無線通信規格Wi-Fi6E/Bluetooth V5.3対応
充電タイプUSB-C
重量約1.36kg
保証1年間引き取り修理サービス・パーツ保証

 

特徴

動画で見る

デザイン一新、よりスタイリッシュなビジネスノートPCへ

新しいHP Spectre x360 14-efはシンプルなデザインに変更された。以前のモデルは豪華絢爛でゴールドの宝飾が印象的だったが、今回のモデルは対照的。

メーカーとしてはビジネスパーソンに相応しいノートPCに仕上げるべくこのカラーやデザインに変更したとのことで、賛否はありそうだが、高級感のある作りなのでこれはこれでアリだと筆者は感じた。

側面のエッジのたったデザインも健在で直線的な箇所と丸みを帯びた箇所があり、他社にない作りだ。

個人的に好きなのはヒンジ部で、2-in-1PCの中では最も高級感のある作りだと感じている。

高画質の5MPのウェブカメラを搭載

HP Spectre x360 14-efに搭載されている500万画素のIR CAMERAはノートPCに搭載されるものの中でもトップクラスに高画質。そもそもの画素数がフルHDの2倍以上なので非常に綺麗に撮影できる。

DellのXPS 13 Plus(右側)のカメラとの比較。

HP Spectre x360 14-efの方がくっきり写っており、暗部のノイズが非常に少ない。ホワイトバランスも自然でカーテンの色がしっかり出ている。

HP Spectre x360 14-efであればテレワーク用のカメラを別途購入する必要はない。

スタイラスペンが標準で付属する2-in-1PC

HP Spectre x360 14-efはタブレットPCのように使える、2-in-1コンバーチブルノートPC。

プレゼンテーションや動画の視聴に最適。

今回付属するアクティブペンはPC本体とマグネットでくっつく方式でPC本体購入時に同梱される。

クリエイティブワークを多くする人は16型のHP Spectre x360 14-efをおすすめしたい。

HP Spectre x360 14-ef

公式サイトで確認

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

うっしーならいふ×日本HP限定クーポンでさらにお得に

日本HPより当サイト限定で7&オフクーポンを発行しております。ぜひご利用ください。

デザイン

HP Spectre x360 14-efは13.5型のノートPCで3:2のアスペクト比を採用しているため、小型な本体ながら表示領域の広いモニターを有している。

PC本体はリサイクルアルミニウムを本体の主要素材として採用したメタルボディデザイン。

カラーはアッシュブラックで非常に高級感のある作り。個人的に好きなのはオーナメントになっているシルバーの箇所で、この部分があることによって他のPCよりも高級感が増している。

底面も同様のカラーでまとめられているため統一感がある。

ネジはT5のトルクスドライバーを利用すれば裏蓋を外すことができる。

重量

HP Spectre x360 14-efの重量
本体1.35kg
充電器0.3kg

 

モニター

搭載されているパネルは有機ELで最大500nitの明るさ。色域は下記。

色域

HP Spectre x360 14-efの色域
sRGBカバー率100%
DCI-P3カバー率99.9%
Adobe RGBカバー率94.2%

キーボード・タッチパッド

HP Spectre x360 14-efはフルサイズスケールのキーボードを採用。指紋認証のセンサーとカメラのセンサーがキーボードの中に設置されている。

うち味はキーストロークが浅め、クリック感がわずかにあるためタイピングがしやすい。筐体が頑丈なのでたわみもない。

タッチパッドはかなり大きめのものが採用されており、肌触りが柔らかく滑りがいいので操作性は高い。

カメラシャッターはオレンジがカメラオフで無点灯がカメラオン。

カメラが有効になっているか無効になっているかはカメラを見ればわかる。ソフトウェアでも確認可能。

HP Spectre x360 14-efは指紋認証センサーと顔認証に対応しているため、どちらかでロック解除可能。

インターフェース

左側

  • オーディオジャック
  • USB-A

カバーを使うことによってボディ本体を薄型化しつつUSB-Aポートを搭載している。

右側

  • micro-SDカードスロット
  • USB-C
  • USB-C

搭載されているUSB-CはThunderbolt 4を搭載している。

性能について

Cinebench R23

Cinebench R23はCPUのパフォーマンスのみでコンピューターグラフィックを生成し、CPUの性能を測定するベンチマークソフト。点数が高ければ高いほど高性能とされているが、実際のソフトウェアを動作させた際の実性能と差が開く可能性があるが結果下記の通り

 

Cinebench R23の総合スコア

Core i7 12700H
16525pts
Core i7 12700H
16052pts
Core i7 12700H
15241pts
Core i9 12900H
14884pts
Ryzen 7 6800HS
14496pts
Core i7 11800H
14111pts
Ryzen 9 5900HX
13894pts
Core i7 12700H
13180pts
Ryzen 7 5800H
12651pts
Ryzen 9 5900HS
12058pts
Ryzen 7 5800H
11670pts
Ryzen 76800U
11306pts
Core i7 11800H
11250pts
Ryzen 7 5800H
11224pts
Core i7 1260P
10686pts
Ryzen 5 5600H
8815pts
Core i7 1255Uレビュー機
7914pts
Ryzen 7 5800U
7889pts
Ryzen 5 5625U
7838pts
M1
7372pts
Core i7 11370H
7135pts 

最新のCinebench R23(Minimum Test Duration OFF)では7914pts

マルチスコア性能はそこまで高くはないが、シングルコア性能が非常に高く、クリエイティブワークもこなせるレベル。

どちらかといえばビジネスワークメインのPC。

PCMark 10

Microsoft Office互換ソフトや画像編集ソフトのバッチファイルを動作させてスコアを算出するPCMark10ではスコアが5003でMicrosoft Officeは非常に快適なレベル。

SSDの読み書き

クリスタルディスクマークの結果。搭載されていたSSDはSamsung製。PCIe Gen 4に対応し、大容量データの読み書きでも速度落ちがほとんどない。

Adobe Premiere Pro CC動画の書き出し速度検証

過去YouTubeにアップロード用に作成したプロジェクトの書き出し時間を測定しました。α7R4で撮影したフルHD動画をH264 YouTube1080Pプリセットで書き出し、その時間を検証するというもの。

Premiere ProCCは2022年8月23日時点の最新バージョンに更新、ハードウェアエンコーディングで実施しました。

  • XAVC S FHD24P(50Mbps)
  • 動画の長さ15分11秒
  • テロップ/カット編集/画像挿入あり
  • シーケンス設定は24fps
  • YouTube 1080P、ハードウェアエンコーディングで書出
機種24fpsの書出し時間
Yoga 770(AMD)4分46秒
M1MacBook Air4分42秒
HP Spcetre x360 14-ef5分12秒

HP Spectre x360 14-efは動画の書き出しに関しては最新のRyzen 7 6800UやM1チップと比較すると不利。

UL Procyon Photo Editing ベンチマーク

UL Solutionsが提供する「UL Procyon Photo Edting ベンチマーク」はいわゆる写真編集のベンチマーク。Adobeの「Photoshop」「Lightroom Classic CC」を使用し、実際の写真編集のワークフローに沿ったバッチファイルを実行。

処理にかかった時間をスコア化することで相対的に評価が可能だ。

 

Photo Editing ベンチマーク

Ryzen 7 6800HS/RTX3070Ti
8444pts
Ryzen 7 6800U
6923pts
Core i7 1260P
6713pts
Core i7 1165G7
6018pts
Core i7 1255U
5540pts

 

HP Spectre x360 14-ef
Adobe Lightroom Classic CCのワークフロー
読み込み2.854秒
プレビュー0.935秒
プリセット適用0.476秒
エディットイメージ3.040秒
スマートプレビュー8.526秒
書き出し43.978秒
エンハンスディテール6.246秒
フェイスディテクト4.027秒
バッチプロセッシングスコア6166
Adobe Photoshop CCのワークフロー
画像読み込み0.384秒
フィルター適用1.292秒
画像結合1.955秒
データ保存60.876秒
画像書き出し5.770秒
GPUフィルター20.199秒
イメージレタッチスコア4979

 

写真編集のワークフローでは、インテル第11世代CPU搭載モデルと同等のパフォーマンス。

UL Procyon Video Editing ベンチマーク

同じくUL Solutionsが提供する「UL Procyon Video Edting ベンチマーク」はAdobe Premiere Proを利用し、H264/H265でそれぞれファイルを書き出しし、処理にかかった時間をスコア化するというもの。

素材データは用意されたものでプロジェクトファイルの全体の長さは1分程度のものだ。素材データは4Kで1080P/4Kにエンコードを行い処理時間からスコアを算出できる。相対的に評価しやすいベンチマークソフトだ。

video-editing-benchmark

 

HP Spectre x360 14-efYoga 770
YouTube 1080P (1/2)924秒1046秒
YouTube 1080P(2/2)144秒144秒
4K UHD(1/2)3425秒4127秒
4K UHD(2/2)289秒243秒
Video Editing Score25952507

エンコードタイムをAMD内蔵グラフィックスのみを搭載したYoga 770と比較してみた。

動画の書出に関してはベンチマーク上でもRyzen 7 6800Uと同等クラス。

Lightroom Classic CCにてRAW現像時間を検証

Adobe Lightroom Classic CCにてα7Ⅱで撮影した24MPのRAWファイル100枚を一斉に書出し、その速度を検証しました。

LightroomClassic CC初期プリセットで画質を100に設定し、デスクトップへ書出し。結果は下記のとおり。

機種書出し時間
Lenovo Yoga 770(AMD)1分09秒
HP Spectre x360 14-ef1分12秒
M1 MacBook Air1分29秒

インテル第12世代CPUのシングルコア性能が高くRyzen 7 6800Uと同等クラスの性能。

 

PCの温度とファンの動作音について

ピーク時のCPU温度について

Cinebench R23の10minuteテスト実行時の挙動をHWInfoで計測した。CPUはサーマルスロットリングが発生しており、パフォーマンスが低下しているシーンもあり、クリエイティブワークでパフォーマンスを長時間維持する場合はファンが全開になる。

PCの表面温度

Cinebench R23 10minuteテスト時のPCの表面温度を計測。

最も熱い箇所で39.5℃ほど。低温火傷の心配はなさそうだが、最近のモデルにしてはやや熱い。

ファンの動作音

パフォーマンスモード時で43.5dbほど。昨年までのモデルと比較すると最もパフォーマンスが発揮できるモードでこの水準はかなり静かになっていると思う。

ビジネスワークでファンノイズを低減したい場合は「HP Command Center」から変更可能。

HP Spectre x360 14-efの評価とまとめ

良い点

  • シンプルで薄型、かつ高級感のあるデザインは健在
  • 500万画素のウェブカメラの画質はノートPCの中でもトップクラス
  • アスペクト比3:2の有機EL搭載で作業領域が広い
  • クリエイティブワークもこなせる性能
  • 指紋認証と顔認証を選んで使える
  • 標準でWindows 11 Pro搭載なのでMicrosoftアカウントの作成不要

気になる点

  • 最新のCPUを搭載したモデルと比較する性能がマイルド

よりテレワーク向けに進化した高級ノートPC

HP Spectre x360 14-efは従来のモデルからさらに本体サイズを小型化しつつ昨今のテレワーク需要をキャッチアップしたノートPCで、カメラの画質はノートPCの中でもトップクラスだろう。

また、3:2のアスペクト比を採用した有機ELパネルが非常に美しく、作業領域が広い。3000×2000ドットのモニターは一般的な15.6型と同等クラスの快適性があると感じたし、持ち運びをしつつ高性能かつ所有欲を満たせるノートPCが欲しい人におすすめだ。

気になる点は最新のCPUや上のグレードのCPUを搭載したモデルよりも若干パフォーマンスが不利な点で、良くも悪くもテレワーク向けに特化している点。クリエイティブワークを多くする人は16型のHP Spectre x360 16をおすすめしたい。

HP Spectre x360 14-ef

公式サイトで確認

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

うっしーならいふ×日本HP限定クーポンでさらにお得に

日本HPより当サイト限定で7&オフクーポンを発行しております。ぜひご利用ください。

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)