【韓国旅行】翻訳機を使ったら初じめてのテグがとても素敵な旅に|韓国語が話せなくても大丈夫

2
994

この記事では、韓国第3都市といわれる大邱広域市(テグ)と翻訳機の魅力をご紹介します。

僕が韓国に渡航したのは、2018年の3月26日、そしてその3日前にツイートされた上記の通り、まったく無計画で今回の旅行はスタートしました。

というのも、渡航の目的が翻訳機『ili(イリー)』は本当に旅行に役立つか否か、の検証がメインだからです。

小心者の僕は、インターネットを使った完璧な予備知識で塗り固め、スマートフォンの翻訳アプリやGoogle検索を使ってピンチを回避してしまう=現地の人とコミュニケーションをとらない、と思われたので文字通りノープランで旅行することにしました。

上記理由もさることながら、旅行というのは「あーあそこいってみたい!あれが食べたい!」とインターネットやTVで無作為に流れてくる情報を目の当たりにして、『突如としていきたくなってしまうもの』だと思うのです。

例えば、韓国では年間230万人、日本人が渡航していることからも不意に「あー韓国でホルモン食べたい」「韓国美女と戯れたい」と思ってしまう人がいるのは当たり前のこと。

いままで韓国には興味があったけれど、『なかなか行く動機づけが自分の中でできない!』とか、『韓国語がまったくわからないからいけない』という人は、この記事を最後まで読んでいただければきっと「韓国っていいところなんだな」と思っていただけると思います。

 

目次

2【テグ二日目】アプサン近くのORDAカフェが意識高くてとてもオシャレ

韓国料理を朝から堪能!ボリュームがありすぎてお腹いっぱい

テグといったら「アプサンからの眺め」と日本人旅行者から絶賛される山に行こうかと思ったのですが、せっかくなのでもう少しオシャレなカフェをめぐってみようと思い1日目に出会ったムンさんが車で案内してくれることに。

その前に腹ごしらえということで、「韓国で一般的に食べられている料理を食べたい!」といったら連れてってくれることに

日本の文化と違い、ご飯を残すよりも「十分な量が振舞われた」ことを示すことが美徳とされてきた文化があり、大量に運ばれてくる食べ物に思わず面食らってしまいました。

ここでもコチュジャン、キムチ、ニンニクのコンビネーション。朝から?まじかよ。

ムンさんは「これが韓国のスタンダードフードです、残しても問題ありません」と笑っていました。

日本でいうすき焼きにあたる食べ物、これもとてもおいしかった。

とりあえず辛い、そして「これは辛くないです」というムンさん

韓国の食べ物は「だいたい赤い」と誰かがどこかでいってたような気がしますが、本当にだいたいあかかったし全部辛い。

このお店には家族連れやカップルが来ていましたが、みんな涼しい顔して食事をしている中、僕だけ汗をかきながら食事をしているさまはなんとも滑稽だったようで、店員さんは笑っていました。

ORDAカフェはオシャレなルーフトップカフェ|ここでもイリーを使って店員さんにオススメを聞いてみた

アプサン近くにあるORDAカフェはテグを一望できるルーフトップカフェ。

最高の景観とオシャレなコーヒーを飲みながら素敵なひと時を過ごせる場所です。

イリーで店員さんにオススメはなんですか?と聞いたら、ローズミルクということなので僕はホット、ムンさんはアイスを注文。

アイスの場合、ローズシロップを後から入れるのですが、バラの香りとラテに入っているミルクがマッチして激うま!

イチゴミルクの愛称が最高であることは知っていましたが、バラも合うとは( ^ω^)・・・

韓国人のムンさんに2日間でポケトークとイリーどちらの翻訳機があったらうれしいか聞いてみた。

1日目の記事でもご紹介しましたが、2日間にわたって僕の隣で翻訳機を使うさまをみていて思ったことを教えてもらいました。

ムンさん「僕は日本語があまり上手じゃないので、うっしーさんともっと日本についてお話したいので黒い方(ポケトーク)がいいですね。」

コミュニケーションを深く取りたい場合、双方向翻訳ができるポケトークの方がやはり有利なのでしょうか、この点については比較記事に記載していますので気になる方は下記リンクからごらんください。

ここでムンさんとお別れし、一人で街を歩いてみることに。

テグの繁華街にはコスメショップがいっぱい

一見してNYのタイムズスクエアをちょっとだけ思い出しました。

テグのダウンタウンといわれるストリートにはコスメショップが多数並び、若者に人気。

コスメショップアンドコスメショップアンドコスメショップみたいな並びで、歩くとコスメショップかカフェがたくさんあります。

女性の方はやっぱりうれしいですよね。

そうこうしている間に、サムスン電子直営店舗でキャッチされ、中に案内されることに。

ポケトークガチンコレビューサムスン電子の新型GalaxyS9の説明をポケトーク介してしてもらった

日本ではまだ発売されていないスマートフォンGALAXYS9の新機能の説明をしてもらったらどうなるのだろう?

とふと思い立ち、日本人とわかったとたん入口で呼び込みをしているスタッフに落胆されたものの、これは良い機会だと思い、トライしてみました。

残念ながら店内スタッフが少しでも映ってしまう撮影は全てNGでした。

サムスン電子のセキュリティの問題らしく本社に確認をとらないといけないといわれてしまったため、

「そもそも君は何をしに来ているんだ?何が目的なんだ?」

と、尋問のような感じになりつつも笑顔でポケトークを見せることで快諾。こうしたやりとりを1時間ほどしたことで、日本語が少しだけわかる美人スタッフが説明をしてくれることになり、僕としてはうれしかったのでよかった。

というわけで使ってもらいました。

Galaxy S9の機能の説明。

画像のようにかなりの文章を翻訳しているものの、これだけだされるとなにをいっているのかはわかりません。

ただ、実際に商品の前で説明されれば理解できます。

Bixby Visionの説明を受けるとこうなります。うんわかる。

Galaxy S9の機能であるBixby Visionは高性能カメラを被写体に向けることで書かれている文字をリアルタイムで翻訳する機能。商品の説明で実際に体験できるものについてはポケトークの有効性を確認することができました。

かなりの量を翻訳していました。

初日に行った美女とどうしても会話したくなったので再びカフェへ

さて、これからどうしようかなと思ったのもつかの間、カカオトークに通知が。

韓国の方はLINEよりもカカオトークをしようしているユーザーが圧倒的に多く連絡手段はカカオが常識らしい。

朝ご飯の量が本当に多く、あまり食べられないと思ったのと今日何してるの?と連絡してきてくれたので、1日目に寄ったEDIYA COFFEEへ。

真ん中にあるチーズロールを夕食としました。

終始、ポケトークとイリーを使ってコミュニケーションをお互いにとっていました。

年齢や好きなアーティスト日本の好きな場所など、仕事中なのに笑顔で対応してくれてこれはもしや…?と期待を募らせながら、「今年の暮れに札幌に雪を見に行きたい」と笑顔で答えてくれたのがとても印象的。

ちなみにこの時の会話は英語、韓国語、日本語全部入り混じってわけわからない語で会話していました。

テグ旅行2日目感想

食事の楽しさはもちろんのこと、親日の方が多く丁寧に対応されることが多かったです。

政治的な背景はあるものの、異文化のコミュニケーションに触れるのは素直にうれしいし、『人』の優しさに生まれた国は関係ないのだと改めて感じました。

最後にはとても名残惜しい気持ちになりましたが、翌日のフライトが早かったため、2日目はそうそうに退散。

チェック!

異文化交流はとても楽しく、翻訳機はその手助けとして使うことで旅行がとても素敵になる。ポケトークは完全ではないにしろ長文の翻訳ができることでコミュニケーションはとることできる

韓国最高です!

ポケトークのレビュー記事を見る

2 コメント

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)