【展示機レビュー】Surface Go LTEモデルをMicrosoft本社で触ってきたので感想を記載。

0
192

Surface GoはSurfaceシリーズの末弟として現在最もリーズナブルで購入できるタブレットPCとなっています。

ビジネスマンはもちろんのこと、タブレットPCを検討されている方にとっても、おすすめできます。

今回LTEモデル発売に伴い、日本Microsoft品川本社で実機を触ってきたので外観や変更点などを紹介します。

Surface Go LTEモデルの特徴

LTEモジュールが追加

Surface Goからの変更点は、LTEモジュールが追加されたという点につきますが、重量が10gほど増加した以外は変更点がありません。モバイル時の利便性が向上しました。

厚さはそのまま利便性が向上

Nano Simスロット

Nano SIMスロットは一番右のiPhone等にも採用されているSIMカードです。自分で契約する際は注意しましょう。

Surface Goが対応する通信会社および対応バンド

国内MNOすべてに対応。使えないキャリアは存在しない。

対応する通信会社(キャリア)

対応MNO(キャリア)対応可否
docomo
au
Softbank

といった形になっており、どの携帯会社の(MVNO)SIMカードを指しても利用可能であります。なお、”Microsoft公式が現状動作確認を行っている”のはMVNO大手IIJが販売するSIMカードのみとのことです。

4GLTE対応バンド

対応バンド1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19,20, 25, 26, 28, 29, 30, 38, 39,40, 41, 66

上記画像では、確認を行っていないMVNOが存在しますが、基本的には利用可能とみて大丈夫でしょう。

回線速度や契約のしやすさも含めてUQモバイルかIIJがおすすめです。下記記事ではスマートフォンを用いて実際に通信速度を計測した結果が見れますので、迷われている方は参考にしてください。

Surface Go LTEモデルのスペック

OSWindows 10 Home (Sモード)/Windows 10 Pro
液晶ディスプレイ10インチ(1800×1200ドット)
CPUPentium Gold 4415Y
グラフィックIntel HD Graphics 615
メモリ8GB
ストレージ128GB
光学ドライブなし
通信機能無線 IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 4.1モジュール内蔵
インターフェースUSB-Type C×1/3.5mmヘッドフォン/Surface Conenect×1/Surfaceタイプカバーポート/microSDカードリーダー/
サイズ/重量245mm×175mm×8.30mm/532g
バッテリー駆動時間約8.5時間
オフィスOffice Home & Business 2019
カメラ500万画素(Windows Hello対応)
保証1年間ハードウェア保証
価格税込み98,064円

 

本体外観

操作性のよいタッチパッド(カバーは別売り)
視認性のよい液晶ディスプレイ

実際に触ってみた感想

Surface GoはWindows搭載PCとしては間違いなく最軽量級で、持ち運びしやすい点が魅力的だと感じました。

タイプカバーキーボードも大きさはそこまで大きくないながらしっかりとした打鍵感を再現しています。

Surface Goの実際の利用用途

Surface Goはその形状、パフォーマンスからビジネスユースでは、メールの確認や資料作成、学生では提出用レポートのの作成からプログラミングなど、に適していると思われます。

知り合いのサラリーマン兼ブロガーの @nocco さんのレビュー記事が非常に参考になりますのでビジネス向けで考えられる方はぜひ下記記事もご覧ください。

また、通常モデル+Wi-Fiルーターを検討されている方はWiMAXルーターの下記記事も参考にしてみてください。

関連記事

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)