ASUSが販売するASUS Zenbook S13 OLEDをメーカーから借りられたので検証結果や使い勝手を紹介

スペック

ASUS Zenbook S13 OLED
モニターメイン
  • 13.3型(2880×1800ドット)60Hz
CPU
  • AMD Ryzen 7 6800U
iGPU
  • AMD Radeon Graphics
メモリ
  • 16GB(DDR5-6400)
SSD
  • 1TB
サイズ(幅×奥行×厚さ)幅約296.7mm×奥行き約210.55mm×高さ約15.3mm
バッテリー67Wh
無線通信規格Wi-Fi6/Bluetooth V5.1対応
充電タイプUSB-C/65W
重量約1.1kg
保証1年間引き取り修理サービス・パーツ保証

 

特徴

動画で見る

AMD Ryzen 7 6800U搭載のモバイルノートPC

ASUS Zenbook S13 OLEDは最新のRyzen 7 6800Uを搭載。

Ryzen 7 6800UはPS5などにも採用されている RDNA-2アーキテクチャの内蔵GPUを搭載している。

しかしながら、GPU用のメモリ割り当てが512MBで性能は控えめ。ゲーム性能というよりはCPU性能と省電力をおすすめしたいモデル。

高解像度有機ELパネルを搭載

搭載されているパネルは2880×1800ドットの有機ELパネル。クリエイティブにも使えるパネルが採用されている。

10ビットカラーで描画される有機ELパネルは非常に綺麗でVESA Display HDRにも対応している。

メインモニターの色域は下記の通り

ASUS Zenbook S13 OLED(SDC4172)の色域
sRGBカバー率100%
DCI-P3カバー率99.9%
Adobe RGBカバー率96.1%

シネマカラーのDCI-P3カバー率99.9%を実現している。

またAdobe RGBカバー率96%で写真の補正でも使えるモニター。

重量1.1kgで持ち運びに最適

Zenbook S13 OLEDは実測値で1.09kgで持ち運びに最適。

Zenbook S13 OLED重量
PC本体1.09kg
ACアダプター0.18kg

 

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

デザイン

ASUS Zenbook S13 OLEDはリファインドホワイトを採用。ASUSの記念ロゴが配置されており目を惹くデザイン。

非常に清潔感のあるデザインで老若男女とわず使えそうなデザインだ。

底面のゴム足も同様のカラーでまとめられているが、ヒンジ部分がシルバーで高級感もある。

ディスプレイはフラットになるまで開閉可能でプレゼンテーションなどにも使える設計。

ACアダプターはASUSオリジナルのコンパクトなものが付属。USB-Cケーブルは1m以上の長さで使い勝手がいい。

モニター

搭載されているモニターは前述の通り有機ELパネル。

メーカー公称で最大550nitのハイスペックモニター。

タッチパネルにも対応しているため、別売りのASUS Penに対応

キーボード・タッチパッド

搭載されているキーボードはASUSのエルゴセンスキーボードと言われるもので、キーストロークが1.4mmほどと薄型ではあるものの、キーの中央が窪んでいるため、指の引っかかりがよく打ちやすい。

キーピッチは19.05mmはでフルサイズスケールなのでデスクトップキーボードに慣れている人でも打鍵しやすいだろう。

デリートキーの左に電源ボタンと指紋認証のセンサーが搭載されており、ワンタッチでログインが可能。

タッチパッドはガラス製で押し込んだ時の反応するポイントやクリック感が気持ち良く操作性は非常に高い。

インターフェース

  • USB-C(3.2 Gen2)

  • USB-C(3.2 Gen2)
  • USB-C(3.2 Gen2)
  • オーディオジャック

カメラ性能

フルHD解像度に対応したウェブカメラを搭載しているため、カメラの性能は高い。

美白効果も入るため専用のウェブカメラなし、このノートPCだけでテレワークが可能な水準。

性能

Zenbook S13 OLEDのファンモード設定をパフォーマンスモードに設定して計測。

Cinebench R23

Cinebench R23はCPUのパフォーマンスのみでコンピューターグラフィックを生成し、CPUの性能を測定するベンチマークソフト。点数が高ければ高いほど高性能とされているが、実際のソフトウェアを動作させた際の実性能と差が開く可能性があるが結果下記の通り

 

Cinebench R23の総合スコア

Core i7 12700H
16525pts
Core i7 12700H
16052pts
Core i7 12700H
15241pts
Core i9 12900H
14884pts
Ryzen 7 6800HS
14496pts
Core i7 11800H
14111pts
Ryzen 9 5900HX
13894pts
Core i7 12700H
13180pts
Ryzen 7 5800H
12651pts
Ryzen 9 5900HS
12058pts
Ryzen 7 5800H
11670pts
Ryzen 76800U
11306pts
Core i7 11800H
11250pts
Ryzen 7 5800H
11224pts
Core i7 1260P
10686pts
Ryzen 7 6800Uレビュー機
9484pts
Ryzen 5 5600H
8815pts
Ryzen 7 5800U
7889pts
M1
7372pts
Core i7 11370H
7135pts 

最新のCinebench R23(Minimum Test Duration OFF)では9484pts

シングルコア性能は1397ptsで性能はそこまで高くない。

UL Procyon Photo Editing ベンチマーク

UL Solutionsが提供する「UL Procyon Photo Edting ベンチマーク」はいわゆる写真編集のベンチマーク。Adobeの「Photoshop」「Lightroom Classic CC」を使用し、実際の写真編集のワークフローに沿ったバッチファイルを実行。

処理にかかった時間をスコア化することで相対的に評価が可能だ。

 

Photo Editing ベンチマーク

Ryzen 7 6800HS/RTX3070Ti
8444pts
Ryzen 7 6800U(Yoga 770)
6923pts
Core i7 12700H
6734pts
Core i7 1260P
6713pts
Core i7 12700H
6062pts
Core i7 1165G7
6018pts
Ryzen 7 6800Uレビュー機
5827pts

 

Zenbook S13 OLED
Adobe Lightroom Classic CCのワークフロー
読み込み4.012秒
プレビュー0.952秒
プリセット適用0.504秒
エディットイメージ2.235秒
スマートプレビュー8.146秒
書き出し36.831秒
エンハンスディテール3.640秒
フェイスディテクト4.025秒
バッチプロセッシングスコア6692
Adobe Photoshop CCのワークフロー
画像読み込み0.572秒
フィルター適用1.190秒
画像結合1.496秒
データ保存65.981秒
画像書き出し4.744秒
GPUフィルター19.284秒
イメージレタッチスコア5074

写真編集のワークフローでは、モバイルノートPCの中では不利な結果となった。

ファイナルファンタジー14ベンチマークテスト

ファイナルファンタジー14ベンチマーク
Zenbook S13 OLED5303
Yoga 770(AMD)5461

中級クラスのゲームタイトルファイナルファンタジー14ではフルHD解像度高品質(デスクトップPC)で動作させた際は「普通」で同じCPUを搭載しているLenovo Yoga 770に少しだけ不利と言った結果だった。

ビデオメモリの少なさは軽量級〜中量級クラスのゲームタイトルにおいては少ないのかもしれない。

PCMark 10バッテリーテスト

ASUS Zenbook S13 OLED バッテリーテスト
PCMark10 ModernOffice(スタンダード)11時間35分

メーカー公称値では約19時間ほどとのことだったが、ベンチマーク上では最長で11時間35分ほどだった。

SSDの読み書き

クリスタルディスクマークの結果。搭載されていたSSDはサムスン製。PCI Gen4に対応しており大容量データの読み書きをしても速度の低下はなく、ハイクオリティなSSD。

PCの温度とファンの動作音について

ピーク時のCPU温度について

Cinebench R23の10minuteテスト実行時の挙動をHWInfoで計測した。

システム上サーマルスロットリングは発生しておらず、温度は常に80℃程度に抑えられていた。

PCの表面温度

Cinebench R23 10minuteテスト時のPCの表面温度を計測。

最も熱い箇所で39.8℃ほど。低温火傷の心配はないがそれなりに熱くなる。

ファンの動作音

パフォーマンスモード時で40.2dbほど。モバイルノートPCとして非常に静かな部類で室内の環境音の方が大きいほど。

Zenbook S13 OLEDの評価とまとめ

良い点

  • ASUSの記念ロゴがかっこいい
  • 1kg程度で軽量なので持ち運びしやすい
  • OLEDパネルが高精細かつ広色域でクリエイティブにも対応可能
  • カメラの画質がよい
  • キーボードが打ちやすい

気になる点

  • インターフェースが弱い
  • Ryzen 7 6800Uとしてはピーク性能がマイルド
  • 価格が高め

白い持ち運び用のノートPCを検討している人におすすめ

Zenbook S13 OLEDは最新のRyzen 7 6800Uを搭載しているもののビデオメモリが512MBに抑えられており、パフォーマンスよりも静粛性やロングランバッテリーを意識した作りになっている。

キーボードの打ちやすさやカメラなどビジネスワーク、テレワークで光るものを持っているノートPCでパフォーマンスというよりはモバイルで使って欲しい。キーの配列は従来のままなので癖はあるけれど、総合力で判断するならありなノートPCだと思う。

とはいえ価格が高いので積極的にお勧めすることはないが白くて軽い軽量モバイルノートPCを検討している人はチェックしてみてほしい。

 

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)