最新のWi-Fi規格Wi-Fi6に対応したゲーミングルーターを購入して実際にしてみた感想を記載いたします。

Wi-Fi6はIEEE(あいとりぷるいー) 11〇〇がめんどうになってナンバリングにしたという解釈なので、「とにかく早いWi-Fi」と一般の人は覚えておけばいいような気がします。僕もよくわかってないし。

TUF-AX3000の特徴

動画で見る

動画で設置した感想や設定の仕方、速度比較なども行っていますので是非参考にしてください。

戸建てから4LDK程度をカバーする中堅クラスのWi-Fiルーター

戸建てならば3階建て、マンションならば4LDK程度の間取りをカバー可能なルーター。1台でこれほどの範囲をカバーできるので、価格は高価ですがとりあえず1台買っておけば、という安心感があります。

ASUSはメジャーな市場が欧米諸国で国内で使うには必要にして十分すぎるほどの範囲をカバーできます。

ASUS AiMesh対応

TUF-AX3000は複数のルーターで網目状に電波を張り巡らせることができるメッシュ機能に対応しています。Wi-Fiの電波が通りづらい鉄筋コンクリートでできた住宅に住んでいる人はAiメッシュ機能を利用することで宅内のいたるところにWi-Fiの電波を張り巡らせることが可能です。

デカイアンテナの自由度は高め

TUF AX-3000はガンダムのコックピットのような本体と、ニューガンダムのフィンファンネルみたいなアンテナが最大の特徴でとても強そうなイメージがあります。

このアンテナ、垂直にしたり、本体に対して直角にしたりと意外にも自由度が高く置き場所に困らないルーターでした。

スペック

TUF-AX3000のスペック
対応通信規格2.4GhzIEEE802.11ax/ac/n/a
対応通信規格5GhzIEEE802.ax/n/g/b
通信速度5Ghz接続時最高2402Mbps
通信速度2.4Ghz574Mbps
メッシュ機能
ゲーミングLANポート
CPUトリプルコア
RAM512MB
セキュリティ機能トレンドマイクロAiプロテクション
重量675g
サイズ265×177×189mm
保証2年間のメーカー保証

TUF-AX3000はWi-Fi6に対応し最高2402Mbpsを実現します。

付属物について

TUF-AX3000の付属物
  • TUF AX3000本体
  • 電源ケーブル
  • LANケーブル
  • 取扱説明書

付属のLANケーブルに規格の記載がありませんでしたがCat6e以上だと思います。

ACアダプターは比較的コンパクトです。スマホ用の小型充電器程度のサイズ感なので室内でかさばらずに設置できると思います。

本体のデザインについて

TUFシリーズはThe Ultimate Forceの略なので質実剛健な本体デザインが特徴的。戦車をかたどったようなデザインで、アンテナがそれらを強調するわけですね。

平置き、縦置きに対応していまして、意外にも自由度は高いのです。

今まで使っていたR6300との比較写真です。1万円以下で購入可能な一般的なルーター1.5倍以上の大きさはありそう。

アンテナ部の大きさ

アンテナのみの高さは約17cmほど。垂直に設置してピンと伸ばした状態だと高さは30cmほどになります。平置きならば20cm程度の高さがあれば棚の中に収納可能です。

壁掛け設置可能

背面に壁掛けするための金具をとりつけるための穴があいていますので、室内の高い箇所に設置することも可能です。(本体の大きさや色味からしてかなり目立ちます。)

インターフェースについて

左から

  • DCジャック
  • 電源ボタン
  • USB 3.0ポート
  • Giabit対応LANポート×4
  • Gigabit対応WANポート

設定

Wi-Fi設定が簡単

TUF-AX3000の設定の仕方は非常に簡単で、MACアドレスの末尾2桁+ASUSがSSIDとして設定されます。

http://router.asus.com/と入力するとルーターに接続可能です。

ルーターの動作設定

ルーター動作モード
  • 無線ルーターモード
  • リピーターモード
  • アクセスポイントモード
  • メディアブリッジモード
  • AiMesh

我が家はSonet光のマンションタイプを契約していまして、モデム(ONU)のルーター機能を使っているので、今回はアクセスポイントモードで動作させました。基本的にはルーターモードかAPモードしか使わないと思います。トラブったら回線の事業者に問い合わせてください。

Wi-Fiの速度検証結果

Wi-Fiの速度比較
モデルTUF-AX3000R6300
11acダウンロード201.8Mbps201.4Mbps
11acアップロード87.7Mbps48.0Mbps
11axダウンロード256.6Mbps227.5Mbps
11axアップロード67.4236.69Mbps

11acはPixel 3aにて、11ax(Wi-Fi6)はROG Zephyrus G14にて計測しました。

確かに早くなりましたが、マンションタイプでは実感できるほどの速度差にはなりませんでした。おそらくですが、遠く、距離の離れた個所での損失が少なくなっているのだと思われます。

もし、部屋の数が多すぎて電波が届かない、あるいは、鉄筋コンクリートの建物で電波が届かないと考えている方は導入してもいいかもしれません。もし届かなければ、もう1台メッシュ機能対応のルーターを購入するなどして、メッシュ機能を使えば張り巡らせられると思います。

機能について

PCからアクセスしたTUF-AX3000の管理画面です。

Dual-Band Smart Connectにより、ユーザーは周波数(2.4Ghz/5Ghz)を選ばずに常に最速のネットをチョイス。高速のネット通信が可能。

これにより、スマートフォンなどで、Wi-Fi接続しようとしたときにバラバラにSSIDが「〇〇5G」「〇〇2.4G」とならずに済みます。

接続デバイスの管理

ルーターに接続しているデバイス名やアクセス時間、ローカルのIPアドレス(別に隠さなくてもいいんですけどなんとなく)接続方法などを一覧で管理することが可能です。

ちょっとした小さな事業所のネットワークを組む程度ならできてしまうレベルのスペック

Wake On Lanも搭載

Wake On LAN=リモートでPCを起動するにも対応し、ネットワークツールの分析までできるため、機器の故障や、ネットワークそのものの構築を行う際に役立ちます。

TUF-AX3000は2万円するということもあって、普通のルーターとしてのネットワーク機能がビジネスの場でも使えるレベルの管理機能でした。

TUF-AX3000の評価とまとめ

良い点

  • 設置場所を選ばない自由度の高さ
  • 中小規模のビジネスネットワークを組めるレベルの管理機能
  • 速度が速い

気になる点

  • 安価なモデルでもいい気がする

一般家庭にはオーバースペックかも

マンションタイプでは、速度を十分に発揮できないということや、一般家庭で使用するにはオーバースペックなルーター機能が詰め込まれているため、アクセスポイントとしてだけ使うなら無線機能を使うだけであれば安価なAX3000でよかったかもしれないです。

ゲーミングLAN搭載でパケットを優先処理させることも可能なので、優先LAN環境自宅のネット環境でで可能な限り最速を目指したい人におすすめです。

関連記事

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)